ピーター宅のリフォーム

| | コメント(0)

【'07年11月14日今田ハウジングにて放送】

品川、庄司、チュートリアル徳井の3人が、食材持参でピーターこと池畑慎之介宅へ。
都内一等地にあるピーター宅は、2LDKをぶち抜いて約50畳のワンルームに。

料理は相当な腕前と言うピーターさん、アイランド風の広々キッチンにはプロ並みの調理器具が揃い、プライベートでご馳走になったことがある庄司も「めちゃめちゃうまい!」と絶賛。
彼(彼女?)の開くパーティーは夕方4時から朝の4時までの12時間パーティーだそう。
そのため、パーティー専用の冷凍庫、ワインセーラーなどを完備しています。

キッチンを隔てたおしゃれなリビング、壁際には大型(65型)の薄型テレビが鎮座。
その横には、"ブライスドール"のコレクション棚。

ブライスドールとは、1972年にアメリカのケナー社(Kenner)から発売され、すぐ生産中止になったものの、近年復刻版が発売され、大ブレイクした人形です。

子供が親しみやすいように体に比して大きな頭を持たせ、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると、目の色が4色に変わるギミックを組み込んでいるのが特徴。

リビング奥にはベッドスペースがあり、そこには特注のベッドが。
予想に反して、けっこう無骨なかんじのベッドですw

一見、ワンルームに見えたこの部屋にも、じつは2つの扉が。
片方はメイクルーム、もう片方は、豪華な衣裳部屋。
ここで、女装が趣味と言う徳井がお着替え、盛り上がります。

さて、ようやくピーターさんが料理を開始。
完成した料理は、豚の角煮丼。
「おいしーい!」と3人が満喫していると、オモムロに、
「ちょっとお願いがあるんだけど、ここ改装してくれない?今田ハウジングで。」
とピーターさん。
「改装するとこないでしょー?」と品川。

そこで、改装の希望を聞くことに。

1.キッチンカウンターを低くして、開放的に。
2.お気に入りのブライスドールをもっとおしゃれにディスプレイしたい
3.地下なので明るい、アジアンとサンタフェの融合(!?)

「じゃ、よろしくね!」と強引に承諾させるピーターさん。
「社長に聞いてみないと。。。」と品川。

日テレに戻った3人はさっそく今田社長の元へ。
今田社長に事情を説明するが、すでに社長の元にはピーターさんから脅しのメールが。。。w
「やらにゃ、しょうがないでしょう」と今田社長。

ピーターさんが地方公演中にリフォームすることに。
担当は、おなじみ佐々木真一氏。
荷物を運び出し、壁を壊し、作業がスタートします。

いよいよ、リフォームが完成、披露となります。

今田社長に、菊川怜も駆けつけ、いざ部屋の中へ。
そこは、スッキリとシンプルになったモダンインテリアの空間に。
「うぉー、すげー」と驚嘆する今田社長。

物が少なくスッキリとしている大きな要因は、壁上部に設けられた格子のインテリア。
その格子の扉を開けると、沢山のDVDや本を収納できる収納スペースになっています。
また、その棚を使って、ブライスドールをディスプレイ。

09.jpg

また壁には"珪藻土"を使用。
こちらの部屋は地下のため、珪藻土の調湿性を有効利用します。
そして、この珪藻土塗りには安田美沙子、東原亜紀がお手伝い!

珪藻土、何年も前にすごい流行りましたよねーw
いまごろ、という気もしないでもないですが、流行り廃りでの採用でなく、実用・機能面を考慮しての採用でしょう。

そして、リビング脇のデッドスペースはデスクを設置し、大人の書斎スペースに♪

肝心のキッチンは、新たに設置したアイランド型作業台。その天板の下は両面に収納引き出しが。
また、テーブルの上の照明は、原木をあしらった個性的なオリジナル・ライト!

さらに、コミュニケーションをとりやすいように、カウンターは低くし、天板を伸ばすことができるカウンターテーブルを装備。

一方、部屋奥のメイクルームと衣裳部屋は、間の壁を取り払い、ひとつの大きな衣裳部屋に変身。

10.jpg

広くなったことで、以前はカウンター脇などに置かれていた様々な小物などもこちらに収納。スッキリとした部屋実現に一役買っています。

12.jpg

そうすると気になるのは、メイクルームの行方。
リビングの壁についた取っ手を開くと、メイクスペースが出現。
以前より大きなメイクスペースになるそうです。

13.jpg14.jpg

さらに、その横の取っ手を倒すと、今度はベッドが出現。
そのベッドの仕掛けよりも、同時に現われたクレオパトラ風のピーターさんの巨大パネルに一同爆笑。
しかし、天蓋カーテンも取り付けられていて、ちゃんとしたベッドスペースになります。

すべてのリフォームを見終えたところで、完成披露パーティーを開催することに♪

ここで、鯛を両手に庄司が登場。
じつは、庄司はその日わざわざピーターさんの故郷・鹿児島に出向き、錦江湾で鯛を釣ってきたそう。

その鯛を一流の板前さんに調理してもらい、真鯛のグレープフルーツ〆、お刺身、真鯛のうしお汁、真鯛のにぎり寿司など豪華真鯛づくし料理を堪能し、番組終了となりました。

コメントする

Sponsered Link