マナ・カナ部屋のプロデュース

|

【'07年5月2日今田ハウジングにて放送】

スタートは"今だ!!ムービング"から。

マナカナ(三倉茉奈・佳奈)が登場
大阪の実家から新幹線で仕事に通っていて、東京ではホテル住まいを続けている2人は、今回"初めての2人暮らしを"ということで、今田ハウジングがその引っ越しをプロデュースします。

まずは、実家の2人の部屋をアンジャッシュがチェック。
DNAが99.99999996%一緒という2人は、部屋にあるものもほとんど一緒(笑)

黄色と緑色が好きということで、この2色でコーディネートされている部屋は、ちょっとダサめの学習机など問題もありますが、基本的には女の子らしいこぎれいな部屋というところでしょうか。

ここで、東京住まいをはじめるにあたって、2人にはある野望があるとのこと。
それは、『東京にたこ焼き機を広めたい!』

ということで、マナカナとアンジャッシュでたこパー(たこ焼きパーティー)を開催。

そして、まなかなの新居の物件探しへ。
条件は、

1.セキュリティの高い2LDK
2.新幹線の駅に近い物件
3.家賃はひとり10万円以下

ということで、今田ハウジングが探してきた物件を内覧。

オートロック&24時間体制警備のマンションで、新幹線の駅から徒歩5分、築16年、2LDK、70.36平方メートル、家賃22万6千円のお部屋。
"新幹線の駅から徒歩5分"ということと、周りのビルの雰囲気から品川駅周辺ですかねー?

11畳のリビングは日当たり抜群。
窓の景色から5階以上の部屋と思われ。

まなかなの部屋になる2部屋は、南部屋と北部屋になっていて、当然南は日当たり良好ですが、北部屋は。。。
さらに、南側の方が1畳広く、収納も大きいため、どちらの部屋になるかで、2人はピリピリムードに(笑)

しかし、2人はスンナリこの物件を契約。
いよいよ、コーディネートがスタートします。
担当は、今田ハウジングではおなじみ、デザイナーズスタジオ(株)代表の清田直美氏。

スタート早々、いきなり壁紙を剥がし、床のじゅうたんもめくり。。。
えっ?、賃貸物件ですよねー、原状回復なにするものぞ、ってことですか!?
芸能人ですからねー(笑)

さて、出来上がり、まずはリビング。

白を基調とした明るく、スタイリッシュでモダンなコーディネートです。
床はじゅうたんを剥がし、白いタイル張りに。

家具は"たこパー"仕様に。
ソファは、通常は3人掛けのソファなのにひじ掛けを起こすと5人掛けになるもの。さらに、背もたれを倒すと来客用のベッドに早代わり♪
センターテーブルも、真ん中で割れ、幅が広くなる伸長式。

番組としてはとくに家具自体の情報はなかったのですが、ネット上を探してみました。

多分コレ↓。テーブルは、コレの白いヤツ。

どちらも「ディノス」の家具です。
テーブルは、見てのとおり伸ばした時の段差が、私的にはちょっと気になりますねぇ。。。

2人の過去の写真を飾ったまなかなギャラリーの棚は、以前南海キャンディーズの山ちゃん宅でも使ってたやつな気がします。
多分コレ↓(やはりディノス)。

さて、肝心の2人のお部屋。

南部屋は、赤と白を貴重にしたシンプルモダン。
数が多くて、収納に困っていた帽子は、こちら↓の棚(×2)にディスプレイして見せる収納を実現。

また、2枚の姿見を合わせ鏡にした、2人共用の着替えスペースを設けることで、北部屋とのスペースの差を解消。

北部屋は陽が入らない暗さを和らげるために、全面黄色の壁紙を。
さらに、ロールカーテン、クッション、ベッドカバーが黄色と緑のリバーシブルになっているため、お好みで黄色と緑のコーディネートを楽しめる、という工夫が。

また、部屋の一角のデッドスペースを自分たちの写真やポストカードを飾った『自分を元気にするスペース』に(笑)


以上、大盛り上がりでスタジオに戻るも、結局2人とも南の赤い部屋を希望、対立したため、ジャンケン決着へ。
結果、佳奈が勝利(?多分)して、部屋割りが決定して終了となりました。

Sponsered Link