岡田美里の自宅公開

|

【'09年7月22日サプライズにて放送】

岡田美里さんの自宅を、えなりかずきが訪問。
えなりくんがインターフォンを押すと、美里さんが玄関にお出迎え。

さっそく玄関に入ると、正面には青い壁に絵画、おしゃれなコート掛けに帽子。

miri_enter.jpg

サイドには、サーフィンのロングボードが立てかけてあり、
「40歳で波乗りはじめたんですよ」と美里さん。

感嘆しきりのえなりくんが「家のデザインのコンセプトは?」と尋ねると、
「北欧、デンマーク♪」と美里さん。
玄関から上階に上がる階段の踊り場には、何気に、母から預かっているというガレの置物(花瓶?)が。500万すると聞いて、えなりくんもビックリw

2Fに上がると、そこはリビング・ダイニングキッチン。

miri_olfsen.jpg

コンセプトは"デンマーク"というだけに、アルネ・ヤコブセンのセブンチェアアントチェア、デンマーク王室ゆかりのピンゴチェアなどがありますね。
ペンダント照明は、ルイスポールセンかな!?

miri_kitchen.jpg

システムキッチンと収納棚はデンマーク製の特注品だとか。
コーヒーテーブルは、親から譲り受けたもので、デンマーク・ハスレブ社製。天板には、ロイヤルコペンハーゲンのタイルをはめ込んだおしゃれーな逸品。

えなりくんは、カッコいいオーディオセットに食いつきますw
スタイリッシュな見た目に、手をかざすとオープンするシステムにビックリな彼。
「これもデンマークの、バング&オルフセンというメーカーですね」と美里さん。

飾られた絵には、"okada"のサインがぁ。
なんでも、美里さんの祖父(岡田稔氏)は昭和初期にフランスで活躍した洋画家なんだそう。

美里さんが「これが一番大事なの!」と言ったのは、ボーエ・モーエンセンのサイドボード♪

miri_borge.jpg

キッチンの備え付けオーブンは、ドイツのAEG社製。

「私はパンを焼くから、オーブンの庫内が家庭用で一番大きいコンベクションオーブン(ファンを使って熱風を対流させ、食材を短時間で均等に焼き上げる)を」とのこと。

ここで、えなりくん、休日に娘さんと焼いたという手作りパウンドケーキをいただき、大絶賛。

「お店で食べてるみたい。ホントに家で作ったんですか?」

それもそのはず、美里さんはご自宅でパン教室&料理教室も開いているのだとか。

つづいて、えなりくんが喰いついたのが、デンマーク・ローゼンダール社のキッチンナイフホルダー(三角形のフォルムに磁力で包丁等をホールドしている)や、赤いホーロー鍋。

「これ、浅田さん家にありました。黄色いやつだったんですけど、ル・クルーゼってやつですよね?」
「ちがうわよ! これ、ストウブw」

このあとは、おすすめの調味料やお取り寄せ食品などをひとしきり紹介☆

そして、2人は家を出て、美里さんが経営するお店『A.C.PERCH』へ。
こちらのお店はデンマーク王室御用達の、北欧最古の紅茶専門店の支店なのだとか。
えなりくんも、紅茶を頂き、VTR終了となりました♪

Sponsered Link