デヴィ夫人のバリ別荘公開

| | コメント(0)

【'10年3月31日ザ・ハウスルール3にて放送】

デヴィ夫人の(TV初公開の)超豪華別荘を訪問するため、インドネシア・バリ島にやってきたふかわりょうさん。
別荘に到着すると、入り口にはゲートが設置されていて、制服姿の警備員が何人も。
ボディチェックもされる、物々しい警備にふかわもビックリw
しばらく進むと、赤い瓦屋根の玄関に到着。そこを入り、池を渡るとやっと母屋にw
スタッフが出迎え、レイ(花輪)を掛けてくれます。
ようやく奥からデヴィ夫人が登場♪

dewi_salon.jpg

サロンとして使っているというそちらの建物は、バリ様式のもので、屋根は古い神社のものを移築したのだとか。見ごたえがあります♪

サロンからは中庭のプールを挟んで母屋(デヴィ夫人の宿泊棟)やゲストハウスがあり、池を通って別の棟へ??。
いたるところに、バリの神様の像が置かれていますねー。

って、「はい、はい」ばかりで、ふかわさんは建築関係のボキャブラリーないなー、誉めるとこいくらでもあるのにw

「離れ」だという建物に入ると、そこは先ほどよりもグッと生活空間になっていますが、ホテルのようにおしゃれー。天蓋付きのベッドルームもムードがあります☆
高価なアンティーク家具も多そう。オランダ統治時代の逸品ばかりなようです。
「ホテルだってこんなにお金をかけられませんわ」とはデヴィ夫人の弁w
一度外に出ると、自然に囲まれたシャワールームや浴槽も。

そんな見所満載の部屋の中で、ふかわさんが気になるのは虫除けスプレーばかりw

2Fに上がると、そこは壁がなく、屋根と柱だけのオープンテラスのような空間♪
そこからは中庭を見渡せ、イージーチェアやソファベッドを配置しくつろげるように。
南国ぽいですねー、トロピカルドリンクを飲みながらまったりしたくなるようなしつらえですw

プールのある中庭にでると、そこには水着のままくつろげる東屋や、恐竜時代から生えているというジャイアントシダ。
室内をはじめ、このエクステリアもデヴィ夫人ご自身がデザインされたのだとか。
ふかわさんもただただ驚くばかりですw

dewi_pool.jpg

つづいて、やってきたのは"ふかわさんに使ってもらってよい"というゲストハウス。
「これはまたログハウスのような。。。」とふかわさん、が。。。
「ログハウスなんて、失礼だわ?!」とデヴィ夫人。
シックな板張りの壁に、アンティークの品々が並び、"ログハウス"呼ばわりはたしかに失礼w まぁ、木目調ということが言いたかったんでしょうねーw
シッティングルーム、ベッドルーム、ドレッシングルーム、バスルームなどを案内され、VTR終了となりましたぁーー。

ちなみに、こちらの別荘は貸し出しサービスもされているそう。
設備の割りに、お手ごろな気がします。

→デヴィ夫人のブログ「私のバリ島の別荘で 楽しいバカンスを過ごされませんか?

コメントする

Sponsered Link