ドクター中松の豪邸公開

| | コメント(0)

【'10年3月31日ザ・ハウスルール3にて放送】

ドクター中松の豪邸を訪問する東"Max"貴博。
家の前で出迎えてくれたドクター中松。

家の前に立つ標識には、"Dr.NakaMats St.(ドクター中松通り)""Dr.NakaMats Ave.(ドクター中松街)"と表示されていて、びっくりする東Max。
建坪1,400坪という豪邸の玄関は、彼が発明したというフロッピーディスクを模したデザイン。
さらに、壁の一面が真っ黒になっていて、そこで宇宙エネルギーをキャッチするアンテナになっているのだとか(!?)

中に入ると、広いリビングは全面ガラス張りで、幅36mは世界最大級とのこと。
床は"ドクター中松タイル"張りで、このタイルは宇宙エネルギーで暖房してるそう。。
さらに、電動式のカーテンのスイッチを入れると、幅36mのブラインドが自動で降りてきます。
さらに、白い壁は幅7mのホームシアター用スクリーンになっているのだとか。
巨大なスピーカーはドクターのお手製だそう。

ドクターの発明は3,367もあるそうで、その発明をする部屋を見せてもらうことに。
まず、賞状やトロフィーがたくさん飾られた部屋に入り、その一角の扉を開けると。。。そこは金色張りのトイレ・ルーム(建設費1億円)が出現♪
ここは"静の部屋"と呼んでいるそう。
ドクターはここで発明のアイデアをまとめるんだとかw
さっそく中に入ろうとする東Maxを制止するドクター。結局入れてもらえなかったようですw

つづいて、"動の部屋"と呼ばれている部屋の扉のスイッチを入れると、扉が開き、畳敷きの部屋が出現♪(要はホームエレベーターを改造したもの?
この部屋に入って上下して、頭の中をかき回すんだとかw

唖然とする東Maxを尻目に、VTR終了となりました(笑)

コメントする

Sponsered Link