金子哲雄さんの自宅公開

| | コメント(0)

【'11年6月17日がっちりアカデミーにて放送】

『決して恥ずかしくない!? ドケチ・グランプリ』というテーマで、エントリー者のひとりとして、最近売れっ子の流通ジャーナリスト・金子哲雄氏の自宅が紹介されていました。

ご存じ、金子先生のご自宅をスタッフが直撃!

立派なマンションですが、そこは金子先生、UR都市機構の賃貸マンションだそうで周りの相場よりも安いんだとか。
2LDKのお部屋の中を案内してもらうと。。。

スタッフ:すごい高そうな家具ですよ。
金子:もらいものw 近所の人が引っ越すと言って、もらいました。

キッチンを覗くと、冷蔵庫の扉にはレシートが貼ってあり。。。

金子:食べたら(レシートの品目を)消します。そうすると、冷蔵庫の扉を開けなくても、中の確認ができるんです。

→レシートは冷蔵庫の目次代わりに!

扉の開け閉めは冷気を逃がし、電気代がかかってしまいますからね、さすが金子先生w
ちなみに、金子家では1日に冷蔵庫の扉を開けてよい回数は夏場で6回、冬場で4回なんだとか。

で、扉を開けてみると。。。中には冷気を逃がさないためのカーテンw

つぎに気になったのは、レンジフード。
油汚れ一つない綺麗さ。。。それもそのはず、脂を使うときはカセットコンロをベランダで使うんだとか。
そうすれば、油汚れもなしで洗剤代もかからないとのこと。

浴室には(キッチン)タイマー装備!?

金子:3分以上シャワー流したくないんで。3分以内に洗って出る。

→シャワーは3分。時間厳守

そんな金子先生は、子どもの頃からドケチで有名だったんだとか。
しかーし、それは母親の影響。母・静子さんもすさまじいドケチだとかw
そんな母親のエピソードは。。。

外ではおしゃれなお母さん。しかし、家では父親のパンツを共用していた。。。

→見えないとこには金かけない

冬になると部屋の中にテントが登場w

母:外の冷たい空気を遮るから、暖かいのよ。

→冬の寒さはテントでしのげ。

母が、金子少年に毎日させていたこと。。。それは新聞の誤字脱字探し。それを見つけると新聞社に連絡、粗品をもらっていたんだとか。

→新聞読んでお宝ゲット(※昔の話なので現在は。。。)

おこずかいはほとんどもらえなかったという金子少年、ほしいものがあるときは見積書を取って母に提出しないと買ってもらえなかったんだとかw

こうして、ドケチが染みついた金子先生が出来上がったんですね(笑)

コメントする

Sponsered Link