しずちゃんの汚部屋脱出ーその1

| | コメント(0)

【'11年9月30日金スマにて放送】

片付けられない芸能人代表で、オードリー春日・南海キャンディーズしずちゃんが登場。
今回はしずちゃん部屋の方をレポート。
ちなみに、彼女の部屋は、かつて「今田ハウジング」(by日テレ)でプロデュースした部屋なんですよねーw

しずちゃんの部屋を訪ねたのは、片づけコンサルタントの"こんまり"さんこと、近藤麻理恵さんと駒田アナ。

しずちゃんのお部屋は女性の一人暮らしにはなかなか広めの1LDK。しかし、そこは見事な汚部屋ぷりw
なにが入ってるかわからない紙袋が部屋の隅に積まれ、リビングダイニングや寝室にはいろんなものが散乱、キッチンも炊事をした気配はなくコンロの上にもモノが溢れ、モノで開かなくなった"開かずの収納"も。。。
部屋の片隅に置いてあるデスクトップPCもモノに埋もれ使えない状態w
(う?ん、他人におしゃれな部屋を作ってもらっても、本人が維持できなけりゃしょうがないっていう実例ですね(><)

そんなゴミ屋敷に、こんまりさんがまず突っ込んだのが。。。

こんまり:全て紙袋に入れてありますよね。紙袋収納って一番ダメなんですよ。収納ではなくて、これってゴミになっちゃうんですね。

【片づけの魔法POINT】
紙袋収納は、中身が見えないのでNG

駒田:ちょっとスポーツジムの香りが漂う部屋ですね。

そう、ボクシング一直線のしずちゃん、普段使用している腹筋用マットなどが置かれているので、そのときの汗が染み込みにおっているんだとかw

それでは、汚部屋脱出に着手。まずはクローゼットの整理から?。
整理の場所を確保するため、ベッドを部屋の外に出します。ちょっと大げさなように思いますが。。。

【片づけの魔法POINT】
片づけは"祭り"だと思って、一気にやってしまう方がいい

クローゼット内の洋服を全て出してしまい、それらを処分するか、仕分けます。その時の基準が。。。必要か、必要でないかではなく、ときめくか、ときめかないかで判断するのだとか。
しかし、一品目から悩むしずちゃん。。。そこにツッコミを入れる駒田アナですが。。。

こんまり:一番初めは時間がかかるんです。ときめきの感覚を疎かにしていると、急にそう言われても困ってしまうんです。

【片づけの魔法POINT】
ときめきの感覚がわかるまで最初は時間をかけてモノと向き合う

ようやく"着つづける"と判断したしずちゃん。二品目のTシャツは"ときめかない"と判断したものの、捨てる決心がつかず。。。

こんまり:「今まで活躍してくれてありがとう」とお礼を言って捨ててあげることが大事なんです。

【片づけの魔法POINT】
使わないものを捨てられない時は、モノと真剣に向き合えていない証拠

こうして3時間が経過。。。パッパッと判断できるようになり仕分けが終了。
つづいては、こんまりさんから洋服のたたみ方をレクチャーされます。

[こんまり流ときめくたたみ方]
1.手のひらをアイロンのようにしてしわを伸ばし、身ごろを内側に折る
2.反対側も同様に、袖が内側に入るようにたたむ
3.縦長の長方形になるので、それを3つ折りに。それだけで自立するようにする
※折る際は端を揃えないでおくのがポイント。揃えると、さらに小さく折る際に逆に端がはみ出てしまう

そして、引出しに収納する際は立てながら、色はグラデーションになるようにしまいます。

【片づけの魔法POINT】
そうすることで、モノの定位置が決まり散らからなくなる

また、これには自分が何色の服をどのくらいもっているか一発で把握できるメリットも。
女性は小物も多く持っており整理が大変ですが、靴箱などを使って仕切っておくと便利だとか。

こうして、満杯で溢れかえっていたクローゼットがスカスカな状態になり、整理完了☆
結局、捨てる衣服はゴミ袋19個(45L)にw

本日の片づけはここで終了。なおしずちゃんには、本類の整理を宿題として申し渡します。

5日後。。。
再び、しずちゃん家を訪ねたこんまりさんと駒田アナ。

駒田:そんなに変わってないんじゃないでしょうか、これ?
こんまり:いや、すごく進んでますよ。
駒田:え、先生?
こんまり:片づけ祭りの最中はどうしても部屋はとっ散らかります。まずはじめは、いる・いらないのときめきの判断だけして、まだ収納は考えなくていいんです。

【片づけの魔法POINT】
片づけの途中は散らかっても焦らず、やる気をなくさないことが大事

実際、5日間中8時間弱ぐらいは本やCD・DVD、写真の整理に時間を費やした、としずちゃん。
すると、こんまりさんからダメ出しが。。。

こんまり:片付けの時に、先に写真に手をつけてはダメなんです。思い出系は選びにくいですからね。

【片づけの魔法POINT】
判断に時間がかかる写真類は最後にまとめて仕分ける

そして、本日の作業がスタート、とその前に。。。

駒田:今日がラストですよ。
しずちゃん:え?
こんまり:(紙袋の中身をぶちまけながら)今日、時間切れになったら全部捨てますから!

その勢いに押されたしずちゃん、(紙袋に溜めこまれた)小物類の仕分けをはじめます。
しばらくすると、ぬいぐるみが捨てにくいと言い出すしずちゃん。
こんまりさんのアドバイスは。。。

【片づけの魔法POINT】
ぬいぐるみの目を布などで目隠しすると捨てやすい。また(ビニール袋ではなく)白い紙袋に供養する気持ちで送り出す

3時間半が経過。。。ようやく小物類の仕分けが完了。

しずちゃん:こんなに思い切ったの、生まれてはじめて。"全捨て前提"ってのが大切ですね(^^

このあとは、仕分けで残ったものを仕舞う、収納方法へ?。
と、長くなったので、次回へつづきます♪

コメントする

Sponsered Link