2012年2月アーカイブ

【'11年12月23日THEフライデー芸能密告スクープSPにて放送】

『不動産鑑定士が勝手に鑑定! 芸能人の豪邸・資産価値ランキング』番外編コーナーにて、フォーリンラブ・ハジメさんの大阪府狭山市の実家を公開。

グラフィックデザイナーである、ハジメさんの父親が設計した瀟洒な豪邸のコンセプトは「現実と非現実の融合」なんだとかw

母・文子さんに案内してもらうと。。。
玄関は大理石張りの広い空間に、品のよい絵画が飾られ、シックでおしゃれ☆
ご自慢のリビングは、広さおよそ30畳で、中央に琉球畳敷きの小上りの和室があるのが特徴。
その上は吹き抜けになていて、外に面した窓も高く開放的で明るいリビングを演出しています。

2Fへの階段を上る途中、なにやら不自然なドアが。。。
開けると、そこにはバーカウンター♪
さらに天井からは100インチのスクリーンが下りてきます。
そう、ここがこの家一番の自慢のバー・スペースです。
文子さんは、こちらでお酒を飲みながら、フォーリンラブのDVDを観賞するのが"癒し"だそうw

【'11年12月23日THEフライデー芸能密告スクープSPにて放送】

『不動産鑑定士が勝手に鑑定! 芸能人の豪邸・資産価値ランキング』第1位の家ということで、都内の高級住宅街である松濤にやってきたのはオリエンタルラジオのお2人。
到着したのは、敷地が120坪あるというモダンな外観の大豪邸。近隣の家と比べても圧倒的な広さの豪邸です。
2人が呼び鈴を押そうとすると、タイミングよく出迎えてくれてのは。。。この豪邸の主・人気漫画家の江川達也先生。

さっそく中へー。
レンガ積み風の壁の階段を上がっていくと、そこは江川先生のアトリエ。広さ20畳に、スタイリッシュな簡易キッチンカウンター、イタリア製ソファにオーディオセットなどがレイアウトされ、ストーリーの考案など先生個人の創作のためだけのスペースとなっています。

さらに上に階段を上ると、15畳の寝室。特注のキングサイズのベッドは約100万円だとか。
仲良くベッドに入るオリラジの2人ww

さらにさらに上に上がると、本を読むだけのスペースだという、シックで落ち着いた雰囲気の書斎。
その裏側には海外の高級ホテルを思わせる、濃紺のタイルが印象的なバスルーム。
その前には広々としたバルコニー、その先には新宿の都庁や渋谷のNHKなど摩天楼の夜景を一望できます。

そして。。。いまだテレビでは公開したことはないという禁断の部屋に足を踏み入れるオリラジの2人。
すると、廊下の両壁にはヌードデッサンの作品が大量にw

中田:先生ってあれですよね、ド変態ですよね?
江川:(笑)

その長い廊下を抜けると、漫画家らしく書庫となっていたのですが、なんとまるでゴミ屋敷状態ww 金額にすると数千万にもなる原稿や資料が至る所に散乱しています。。。

つづいて、先生の作業部屋にやってくると、作業台などのほかにもピンポン台などもあり、広さは約30畳。

そのほか、その奥には家族4人で住む7LDKの居住スペースがあるんだそう。

こんな豪邸の、不動産鑑定士が評価する資産価値は。。。6億7,800万円☆
坪単価410万円という東京でも屈指の高い土地に120坪を構え、建物も全て特別仕様ということで、安く見積もってもこれだけの価値になるそうです。

Sponsered Link