赤井英和さんの自宅公開

| | コメント(0)

【'12年6月16日メレンゲの気持ちにて放送】

赤井英和さんとともに、東京・世田谷の彼の超豪邸にやってきた小島よしお。

小島:これですか、うわぁ?、デカい。ビューティフル(ライフ)史上一番デカいかもしんない!

そこには、白いタイル貼の瀟洒な豪邸がぁ。
さっそく中に入ると、ガラスブロックが曲線を描いているのが印象的な、明るい玄関。

小島:うわー、広い。すごいですね。

そして玄関にはたくさんの民族楽器が飾られています。
おもむろに和太鼓を叩きだす赤井さんw

小島:なんでこんなに楽器が?
赤井:旅行行ったときに、現地の人に演奏してもらったりすると、感動して「欲しいっ」と思うねん。で、全然弾いたことないという。。。

つづいて玄関を少し入ると、業務用冷蔵庫の中に並ぶジョッキに気付く小島。

小島:なんですか、これ?
赤井:宴会のときにジョッキ冷やして、サーバーで(注いで)ガー、ガーとねw

お正月には毎年新年会を開催、140?150人の仲間が集まり、30人くらいは泊まってゆくんだとかw

小島:たしかに泊まれそうw 部屋ってどのくらいあるんですか?

豪邸の間取りは、地上2階地下1階10LDKだとか☆

つぎにご自慢のリビングへ?。
天井が高く、前面ガラス張りになっているリビングは解放感に溢れ、高台からの眺望も抜群♪
夏には、家に居ながらにして、地元の花火大会も堪能できるんだとか。

小島:これもいわゆる大理石ちゃんですよね?

床は大理石張りで、もちろん床暖房になってます。
また、窓際には巨大スクリーン&BOSE ACCOUSTIC WABE CANNON SYSTEMのスピーカー、スーパーウーハーが設置され、リビングがホームシアターに♪

ここで奥様の佳子さん(46)が登場。陽気な恐妻家ぶりを見せつけますw

赤井:口答えは全くしません。敬語です。お小遣い制です、領収書持参で。。。

つづいてお隣のダイニングルームへ。
こちらには、子どもたちが小さい頃に描いた絵が壁一面に貼られています。

赤井:うちはゲームを禁止にしてたんですよ。そしたら遊ぶことないんで、いっぱい絵を描くようになったんですよ。

と、ここで子供たち3人、長女・つかささん(18)、長男・英五郎さん(17)、二男・英佳さん(15)が登場。
3人は全員海外に留学中で、この日は学校がお休みで一時帰国していたんだとか。

あれ? たしか娘さんがタレント活動してませんでしたっけ?
調べてみると。。。おっと彼女は前妻との子どもなんですね?。

ダイニングの奥には庭に面したキッチン、さらに奥には家族専用のプライベートリビングもw

つづいて、2階へ?、その途中の階段で昔話。

英佳:普通の家とかって壁とかきれいにしなくちゃいけないじゃないですか。でも、うちだとどこの壁にも絵を描いていい。

現在は、壁紙を張り替えきれいになっていますが、当時は落書きだらけだったんだとかw
ちなみに、いまもリビングのテーブルをひっくり返すと、裏に落書きが残っているとのこと。

2階には広くて明るいお風呂。天気がよいと富士山も見えるんだとか。
そして豪華なお風呂には定番の、ホームサウナ♪

つづいては、赤井さんの部屋。
一段高くなっている部分は畳敷きで、お気に入りのDVDなど満載で、家の中で一番のお気に入りの場所だとか。

奥様:たまに家出する時もある、ここにw
赤井:怒られたら、拗ねて、ここに来て、鍵締めて、フーってw

このあとはみんなで赤井流お好み焼きを作って、盛り上がってコーナー終了となりました♪

コメントする

Sponsered Link