アグネス・チャンの豪邸公開(2012)

| | コメント(0)

【'12年10月2日火曜サプライズにて放送】

渋谷にやってきたウエンツくん、この10月からの新メンバーと合流する予定だったものの、その新メンバーは遅刻とのことで1人でゲスト宅に向かうことに。

やってきたのは、広尾の高級住宅街のとある豪邸。
門を入り、階段を上がってゆくと。。。花が綺麗に植えられたポーチがあり、玄関に到着。
表札には「金子」の文字。

ウエンツ:金子さん? 金子さんっていう(大物)芸能人、ピンとこない。

呼び鈴を押してみると出てきたのは。。。DAIGO。
呆気にとられるウエンツ、じつは彼が新メンバーでひと足先にこちらに来ていたとのことw

DAIGO:新メンバーとして提案があるんだけど、こちらの家の主が誰か、推理するってのはどうですか?

ということで、玄関内へ?。
白を基調とした玄関は大きな窓もあって明るく、大理石張りで高級感も☆
特徴としてはホールはなく、すぐに階段があって上階へとつながっています。

階段を上ってゆくと、アーチを使った縦長窓やシャンデリア、洋館風の手すりなどに、

ウエンツ:うわー、すごいね。なんかお城みたい。。。

そして、30畳の応接間に。ロココ調の家具でコーディネートされたその部屋はこんなかんじ。

agnes2012.JPG

ここで多くの視聴者は、「ああ、またあの人か」と思ったことでしょうw
(ってか、以前同番組でえなりくんとかがロケしてたからウエンツくんも知ってそうな。もしくは曜日が違ったか?)

ソファーに寝そべったり、棚の中や部屋の一角にあるバーカウンターなどを物色するウエンツくんw
ギターを見つけ、歌手らしいとの推察。暖炉の上の絵には幕が掛けられていて。。。

DAIGO:それはNG。答えが含まれているから。。。肖像画です。

つづいて、応接間の奥に部屋に入ると。。。応接間とはガラッと雰囲気が変わり、畳敷きの和室w
カラオケセット、床の間に飾られた壺、パンダの画が描かれた掛け軸。。。そしてなぜか無造作に置かれた白いブーツw

DAIGO:これね、ヤバいな、さりげなくヤバい。ヒント、いやほぼ正解になっちゃってる。

とはいえ、ウエンツくんはわからないご様子(フリ?)。
再び応接間に戻り、バーカウンターで遊んだあと、ウエンツくんの推理披露。。。

ウエンツ:外の花とか気になってるのよ。ほぼわかった。この家の持ち主は假屋崎省吾。

しかーし、登場したのはアグネスチャン。
それで数々の気になる品々の解説を。

アグネス:この白いブーツは、昔歌っていたとき(履いた)ブーツですね。

そして壺は。。。

アグネス:姉から頂いた壺なんですけど、なんでも鑑定団に出したら。。。230万!

800年前の磁州窯の壺なんだそう。

ウエンツ:なんでわざわざ和室を作ったんですか?
アグネス:私、和室が大好きで。(家全体の造りとは)全く合わないんですけどね。

普段ここではカラオケをしてるんだとかw

さらに、先ほどは幕で隠されていた肖像画を見せてもらい、アグネスさんも絵を描くのが得意ということで2人の肖像画を描いてもらいますが。。。とても上手とは(><)

つづいて、アグネスさんがもらったトロフィーや賞状などが飾られた部屋へ?。
スタンフォード大学の卒業証書や、『ひなげしの花』のジャケットに使われたギターなどを見せてもらいます。

つぎに広さ18畳のリビングルームへ。
こちらは壁掛けの大型液晶テレビに、黒革のソファセット+ガラス天板のセンターテーブルと、ロココ調な応接間とは正反対のモノトーンシックでお堅いかんじです。

アグネス:(ソファでくつろぎながら)サッカー観るときとか、皆で応援したりする。

そして。。。

アグネス:この窓は通りから見えないようになってるんです。マジックミラーですね。

そう、リビングルームの、なんの変哲もない窓と思いきや、外からはマジックミラーで見えない構造。DAIGOも試してみて納得w

つぎに、25畳のダイニング・キッチンへ。
白を基調とした、明るくおしゃれなキッチンになっています。
ここで、アグネスさんの手料理を振る舞ってもらうことに。

ウエンツ&DAIGOもお手伝いして"トマトと卵のスープ"&"なんちゃって麻婆豆腐"が完成。

ウエンツ:(スープをひと口)うん、うまい。トマトしっかり♪
DAIGO:あー、とくにね、トマト、めっちゃうまいですね。
ウエンツ:(麻婆豆腐をご飯にかけてかきこみます)めっちゃ、うまい。
アグネス:あ?、子どもが戻ってきたみたい、うれしい。

さらに、あらかじめ用意してあった"手羽先と栗の煮物"も頂いて、VTR終了となりました♪

コメントする

Sponsered Link