スパム対策に「天安門事件」!?

| | コメント(0)

英文やら、ロシア語やら、日本語混じりの英文やら、ブログのスパムコメントが多くてうっとおしい。。。
特に、日本語混じりだとスパムフィルタをすり抜ける可能性が高いので一番厄介です。

で、この日本語混じり、タイトルが日本語(漢字)で本文が英語、というケースが多いのですが、欧米の業者がわざわざ日本語勉強するとは考えにくいので、まぁ、中華系の仕業ですよね。
実際、リンク先を覗いて見ると、怪しい日本語満載のショッピングサイトだったりしますw
対抗策としては、でたらめな名前で嘘注文入れたりしますが、効果があるはずもなくorz

が、面白い対策法を見つけました♪

line-tenan.png

いま、ニュースになっているLINEのアカウント乗っ取りですが、やはり犯人は中華系らしく、「天安門事件」と送ると、中国の検閲システム"金盾"にひっかかってLINEへの接続が遮断されるらしいです(!?)

で、これと同様に、通常のスパムメールに対しても、「天安門事件」と書いて返信するとスパムメールがピタッと止まるとか。
(Web上ならともかく、LINEやメールをリアルタイム監視してるなら、それはそれで怖いんですがw)

そうなると、当然、サイトやブログ上にも「天安門事件」と書いておけば、アクセスが遮断され、スパムコメントが送れなくなる可能性はありますよね?。

ということで、この記事を上げておくことにします(^^
効果はどんなもんか、ちょっと楽しみです☆

あ、そうそう、向こうじゃ「天安門事件」は、「六四事件」とか言われてるらしいので、合わせて、「六四天安門事件」とするのがベストなのかな!?

tenanmon.jpg
↑写真もおまけに載せておこうw

コメントする

Sponsered Link