花田家豪邸の塩害

| | コメント(0)

【'15年2月23日「私の何がイケないの?」にて放送】

何度もTVで紹介されてきた、花田虎上(まさる)さんの豪邸。
房総半島 内房の海岸沿いに建つ豪邸ですが、それが逆にアダとなっているとか。

花田:この(鉄プレートが)錆びちゃってる。2,3年でこんななっちゃうんですよ。

そう、潮風による塩害に悩まされているのだそう。
被害はもちろんプレートばかりでなく、ポストや門の蝶番、換気扇やエアコンの室外機などもサビまみれ、このまま放置すると倒壊する恐れもあるとのこと。

hanago_f.jpg

また、悩みはサビばかりでなく、洗濯物は砂と塩まみれになるので外干しはできず、窓や壁もすぐ汚れてしまうんだとか。
さらに、庭に植物が育たないんだとか。
これは"浸透圧ストレス"(塩が葉の中に水分を吸い取ってしまう)により育たず、枯れてしまう現象なんだとか。

そこで、花田さんの対策として週3日家に水をかけて塩や砂を落としてるとのこと。
しかし、

花田:水道代がかかるんだよね。(通常の)倍くらいはかかるのかな。

月の水道代に1万円ほどかかっているとか。
そこで番組からは、"雨水貯水タンク"の設置を提案。
雨水貯水タンクとは、雨水を蓄え、生活用水に変えることで、水道代金を節約できます。取りつけ簡単で、緊急の断水時にも有効ということで、近年普及率3倍に。市町村によっては設置に助成金が出ることもあるんだとか。
それを聞いた、花田さんも乗り気になります。

ということで、導入したのは"ミニダム タイプA"。

minidamA.jpg

容量はお風呂1杯分程度の200リットル、低価格で設置が簡単、と今一番人気の貯水タンクだそう。

≪設置方法≫
1.土とコンクリートで土台を固める
2.土台にタンクを乗せ、雨どいの継ぎ目に器具をはめて、タンクとつなぐ
3.すると、屋根に降った雨水がタンクに貯まります

施工時間1時間ほどで完了。
これで、小ぶりの雨でも2時間ほどで満タンになるとのこと。また、専用の浄水フィルターを利用すれば飲み水にすることも可能だとか。

さっそく、試しにタンクから水を家にかけてみると、

花田:こりゃ、いいよ。これならお金かかんないですもんね。

本体代は65,000円。
結果、月の水道代は1,000円ほど安くなったそうで(え、そんだけ?w)、6年ほどで元はとれそう、とのこと。。。

コメントする

Sponsered Link